過払い金とは、消費者金融会社・業者が利息制限法を越える違法な利息で借入れを行っていたことを指します。本来支払わなくてもいい金額を法的に取り返すことが可能です。

目次

  1. 自己破産の手続きなら大阪の弁護士事務所へ相談しましょう
  2. 緊迫しているなら民事再生を弁護士にお願いしよう
  3. 巧妙になる犯罪は弁護士に
  4. トラブル対応は弁護士に任せましょう
  5. 個人の住宅を弁護士の仕事場に利用

自己破産の手続きなら大阪の弁護士事務所へ相談しましょう

借金苦が限界に達し、自己破産の手続きを検討されている方は、弁護士が在籍している法律事務所へ相談しましょう。自己破産の審議が行われる地方裁判所では、司法書士が代理人を務めることができません。弁護士でなければ出廷できないので注意しましょう。

また、自己破産手続きにおいては債権者側の反発も予想されます。特に債権者が違法金融業者の場合、債務者に対して手続きの妨害を行ったり、自己破産成立後にも違法な取り立てを行うケースが多々あります。このような場合でも、法律に則った適切な対抗措置を取ってもらえるので、安心して手続きをすることができます。

緊迫しているなら民事再生を弁護士にお願いしよう

増えすぎた借金は債務整理ですっきりする!返済が本当に厳しく、取り立ても来ている状態で緊迫しているという人は、弁護士にお願いして民事再生が必要になる事もあります。残りの返済額を5分の1もしくは100万円まで減らす事ができます。

しかし、残りの金額は3から5年に分割してゆっくりと支払いを進めていきます。自己破産とは違って金額は少ないですが返済は続けていきますので、マイホームはそのまま維持できるなどデメリットは少し少ない様ですね。

ここまで緊迫しているなら民事再生を行うのか、もしくは自己破産を行うかという事で迷うかもしれません。

これからの事についても弁護士とよく話をして、返済を続けられそうな場合に選択したい解決方法ですね。

巧妙になる犯罪は弁護士に

最近では物騒な事件も多く発生している様ですね。その中でもストーカーの犯罪は巧妙化しています。

事件であれば警察に行って逮捕してもらう事もできますが、逮捕するに至らない場合も多い様です。警察に相談しても、何もしてもらえずに困っている人もいる様ですね。

しかし、そのまま放置しておくと、今後大きな問題に発展してしまうという事も考えられます。かなり悩んでいる人もいるのではないでしょうか。その場合には、いい弁護士を見つけて相談するといいかもしれませんね。

弁護士に相談する事で具体的に問題を解決へと導く事ができるのではないでしょうか。何事もないまま無事に解決してしまいたいですね。

トラブル対応は弁護士に任せましょう

弁護士は、法律事務所に所属をした法律家として活動をすることが出来ます。法律家なので、様々な問題に対し法律に従い仲介することが出来ます。離婚問題、借金問題、相続問題など日常で起こりうるトラブルに対し全て対応することが出来ます。

仲介するときには、業者と依頼者の間に立ち、直接交渉を行い示談に持ち込む事も出来ます。弁護士は所属する事務所によって得意な分野などがありますので、依頼する際には得意分野などを把握した上で依頼するようにしてください。とても頼りになる存在なので、トラブルに巻き込まれた場合にはすぐに相談をするようにしてください。

個人の住宅を弁護士の仕事場に利用

住宅をある程度改装するなどして、法律事務所として活用する方法も増えています。この方法を利用されている場合は、仕事を行う事務所を別途に作る必要がありませんので、費用負担が軽減されています。弁護士が開業する費用は大きいとされていますが、その負担が軽減されることで、開業に踏み切りやすい良さを持っています。

ただ、個人の自宅ですから、入られては困る場所もあります。住宅の改装についてはしっかりと検討しつつ、出来る限りプライベートと切り離して相談や仕事のできるところを作ってください。仕事に支障が出ないように考えておくのです。

弁護士関連

過払い請求

債務整理

自己破産

借金相談

弁護士

ページトップへ戻る