過払い金とは、消費者金融会社・業者が利息制限法を越える違法な利息で借入れを行っていたことを指します。本来支払わなくてもいい金額を法的に取り返すことが可能です。

目次

  1. 返還手続き
  2. 返済中の人が過払い請求する時は大阪の弁護士に
  3. 過払い請求の基本的なこと
  4. 弁護士が過払い請求を実施する
  5. 過払い請求を考えてみる

返還手続き

過払い金を取り戻す方法は2種類あります。
示談で行う方法と裁判所での訴訟提起を行う方法です。

どちらの方法がいいとは、簡単に決めることができませんが、請求する本人の意向や過払い金の額などにもよります。

また、相手がきちんと示談に応じることが難しそうな、金融業者の場合は訴訟提起が良いと言えます。

手続きの遅延やトラブルに巻き込まれるケースもあるようですので、そういったことに巻き込まれないためには、弁護士などの専門家に依頼する方が良いでしょう。

返済中の人が過払い請求する時は大阪の弁護士に

現在返済中の人でも、もしかすると過払い金がある可能性があります。しかし、返済中に過払い請求をする事は、あまりいいとは言い難いのです。なぜかというと、返済中の過払い請求は債務整理にあたるため、行うと様々なデメリットがついてくるためです。

返済が全て済んでしまえばそのデメリットは全てなくなりますので、どうしても今すぐに請求をしたいというのであれば、まずは完済を目指すことが最優先だと思います。しかし、どうしても返済に回すお金を入手したいというのであれば、まずは弁護士に相談してみましょう。相談にのってくれます。

過払い請求の基本的なこと

大手弁護士事務所のコマーシャルや広告などがうたれている影響で、過払い請求については多くの人が知っていることでしょう。2008年以前はクレジットカード会社を含めた多くの貸金業者で、借金に過剰な利息がついていました。多くの人が真面目に支払っていましたが、このことが問題となり法律レベルで返還が可能になっています。

このことから該当する人にあたっては、既に過払い請求をおこなっている人もいますが、未だにおこなっていない人も多くいるようです。正当な権利になりますので、早めに請求をおこなうことをおすすめします。

弁護士が過払い請求を実施する

弁護士が過払い請求を実施する事は、依頼人のニーズに寄り添いおこなうことであり、弁護士の大切な業務であることがあげられます。過払い金については時効が設けられている制度となり、最後の取引より10年と定められていることでありますので、思い当たる人においては、早い段階でおこなわなければ時効となり、過払い金の発生が無効になってしまいますので、早めにおこなうことが良いでしょう。

この過払い金の発生については、調査をおこなうことですぐにわかりますので、安心して依頼することができるでしょう。払いすぎたお金を取り戻せたらいいですね。

過払い請求を考えてみる

過払い請求に関しては一時期、ブームになっていましたが、そろそろ落ち着いてきたことがあげられるでしょう。過払い請求には事項があり、2008年ごろからこの制度が始まっていますので、多くの人時効を迎えることとなるでしょう。

そのようなケースにおいて早い段階で請求をおこなわなければ、過払い金を変換してもらえませんので、注意が必要になってくることでしょう。過払い金の調査については無料でおこなっているような法律事務所もありますので、まずは弁護士に相談し、過払いが発生しているかどうかを調べてみることをおすすめします。

過払い請求関連

過払い請求

債務整理

自己破産

借金相談

弁護士

ページトップへ戻る