過払い金とは、消費者金融会社・業者が利息制限法を越える違法な利息で借入れを行っていたことを指します。本来支払わなくてもいい金額を法的に取り返すことが可能です。

目次

  1. 利息制限法を越える金利
  2. 弁護士の過払い請求は納得して
  3. 過払い請求で注意する事
  4. 過払い請求をすれば借金から解放されるかもしれません
  5. 過払い請求のCMが多いのはなんで?

利息制限法を越える金利

グレーゾーン金利という言葉を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?

過払い請求はこのグレーゾーン金利で必要以上の金利を支払った人が、利息制限法で定められた額よりも、多く支払った金利を取り戻すことを過払い金請求といいます。

このグレーゾーン金利とは、利息制限法と出資法の間の金利で業者が設定して、貸付を行うことをいいます。

利息制限法の上限金利
20%:借入額10万円未満
18%:借入額10万~100万円未満
15%:借入額100万円以上
出資法の上限金利
29.2%

この二つの法の間がグレーゾーンと呼ばれています。
悪意のある金融業者はこのグレーゾーンで必要以上の金利をつけて、貸付けを行っていました。

弁護士の過払い請求は納得して

納得して決めたいところもありますので、弁護士と一緒に過払い請求を実施して、いい状況で終わらせたいものです。交渉していく場合には、割合としてそれなりに良いものにしておきたいところです。割合が期待できないような状況になっているなど、メリットを得られづらくなっているなら、裁判などを検討しても構いません。

しかし、大体の場合、過払い請求は相談で終わってしまいます。弁護士は、話を進めるようにしながら、一番理想的な割合を提示してくれて、債権者もすぐにいいだろうと思ってくれるようにします。時間をかけない方法を取っているのです。

過払い請求で注意する事

過払い金は、払いすぎた利息を正当な利息に引き直して計算する事です。すでに返済が完了しているお金について過払いを請求する事と、現在進行形で返済中のお金についての過払いの請求は全く違うものになります。過払い請求には期限があります。請求できる期限は10年です。

また、業者が倒産すれば請求する事が出来なくなります。払い終わった金額に対しては、期限が過ぎる前に弁護士などに相談をして対処する事が賢明です。なお、現在取引している業者に対して、過払いの請求をする事は、債務整理になります。この場合は、ブラックリストに情報が載ります。

過払い請求をすれば借金から解放されるかもしれません

借金で苦しんでいる方の多くは、払いすぎた利息をたくさんあります。払いすぎた利息を金融機関に対し返金してもらうように交渉することが出来ます。過払い請求をする場合は、弁護士が金融機関に対し直接交渉をしてくれます。過払い請求を行った段階で、現在支払っている借金の払い込みも一時ストップすることが出来ます。

返ってきた利息をそのまま借金の元本に充てることができるので借金の大幅減額をすることが出来ます。過払い金を請求したことによって、多額の利息が返ってきて、長年苦しんでいた借金から解放されたケースもあります。

過払い請求のCMが多いのはなんで?

多重債務と過払い請求のCMを最近よく聞くことがありませんか?ラジオを聞いていると1回はその話題を耳にするような気がします。なぜ最近になって増えてきたのでしょうか?

実は近年借り入れ業者に対する規制も厳しくなってきており、違法な利率で貸し出しをするような所はなくなってきているのですが10年ほど前は今では考えられないほどの利率で貸し出ししているような所が沢山ありました。そこで借り入れをしていた人がようやく今になって返済が終わり、弁護士に相談した所多額の過払い金があったというケースが非常に増えてきているのです。そのため宣伝も多くなっているのでしょう。

過払い請求関連

過払い請求

債務整理

自己破産

借金相談

弁護士

ページトップへ戻る