過払い金とは、消費者金融会社・業者が利息制限法を越える違法な利息で借入れを行っていたことを指します。本来支払わなくてもいい金額を法的に取り返すことが可能です。

目次

  1. 弁護士に依頼して過払い請求
  2. 過払い請求を自分でするか弁護士に頼むか
  3. 過払い請求は弁護士を通じ行えます
  4. 過払い請求(多重債務の人の場合)
  5. 多重債務返済中の人の過払い請求

弁護士に依頼して過払い請求

一般的な流れとして、過払い請求を行う際には書類で金融機関に返済してもらうよう求める事が多いですが、対応してもらう事すらできないケースもあります。

ほとんどの場合は連絡がこない様です。
特に個人であれば、はね返されてしまう事も少なくないみたいですね。

そこで、対応してもらえない可能性が高いという場合には、金融機関と交渉を行う事なくいきなり訴訟して過払い請求を求める事もできます。訴訟をすぐに行う事で、無駄な手続きを省く事ができます。

手続きを行っていざ金融機関に連絡を取ったとしても、弁護士に依頼して代わりに対応してもらうか、または訴訟とならない限りは払い戻せる可能性は非常に低い様です。

そのため、中には取り戻す事自体断念してしうまう人も少なくありません。
法律のプロに依頼してお金を取り戻す努力はしたいですね。

過払い請求を自分でするか弁護士に頼むか

過払い請求をするにあたり、もし借入先が一つではなく複数ある場合は、借入先の分それぞれに請求の手続きを行わなくてはいけません。一つでも大変な手続きを何回もと考えると、やはり弁護士に依頼するのが一般的と言えるでしょう。

また、自分で手続きをするのと専門の弁護士が手続きをするのでは、経験と知識の差から戻ってくる金額に大きな開きが出てくる事も少なくないそうです。勿論、煩わしい手続きを全て一任出来るという点もメリットの一つです。費用が発生するというデメリットもありますが、問題解決にあたり損得をきちんと見極めて過払い請求を済ませましょう。

過払い請求は弁護士を通じ行えます

過払い請求は、借り入れ経験のある方が金融機関に対し、法律で定められている利率より高い利率で貸し付けられていて、払いすぎた利息を過去に遡って返してもらう制度です。ほとんどの金融機関で払いすぎた利息がありますので、過去に1度でも借り入れ経験のある方が対象となります。

利息を返してもらうには、弁護士に借金相談を行い、どれくらいの過払い金があるのかを調べてもらいましょう。過払い請求をすると決まれば、弁護士が代理で申請や交渉を行ってくれます。この制度は、現在返済している借金に対しても行う事が出来るので、多重債務で困っている方にはとても頼りになる制度です。

過払い請求(多重債務の人の場合)

多重債務を抱えている人は、もし過払い請求するのであれば誰に依頼するのが一番いいのでしょうか?司法書士の方が実は依頼費用が安いのですが、多重債務だった人であれば最初から弁護士に依頼することをお勧めします。

実は司法書士には金額の制限があり140万円を超える案件に関しては取り扱いができません。1社から100万円ずつかりていたとして2社でも200万円です。この時点で司法書士には依頼できないことになります。何度も事務所に足を運ぶのは無駄足です。また最初に大体いくらくらいあるのか調べてから行くという手段もあります。

多重債務返済中の人の過払い請求

現在多重債務を返済している人の過払い請求というのはどのような感じなのでしょうか?実は返済中の過払い請求に関しては債務整理にあたるのです。こちらをあまり知らない人が多いのですが、行うことによって信用情報に傷がついてしまいますので本当に請求しなければならないのか、そこまでのリスクを背負ってまで実際に行う必要はあるのかをよく考えてから手続きに取り掛かった方がいいでしょう。

また返済中ということで、借入先とトラブルに発展しやすいと言われていますので、費用はかかってしまいますができれば弁護士などに依頼することをお勧めします。

過払い請求関連

過払い請求

債務整理

自己破産

借金相談

弁護士

ページトップへ戻る