過払い金とは、消費者金融会社・業者が利息制限法を越える違法な利息で借入れを行っていたことを指します。本来支払わなくてもいい金額を法的に取り返すことが可能です。

目次

  1. 弁護士に依頼で返済額の縮小と過払い
  2. 弁護士に依頼すれば過払い請求が楽になる
  3. 過払い請求には期限があります
  4. 時効を迎えた過払い請求を大阪の弁護士に相談
  5. 多重債務の人が過払い請求をするメリット

弁護士に依頼で返済額の縮小と過払い

結果として過払いを行う事で多額の費用が戻ってきたという時には、残りの返済額を縮小するという事も可能でしょう。

弁護士事務所の広告などにも過払いについて書かれている事がありますが、過払いを行えば常にスムーズに返済額を縮小できるかはわかない様です。

過払いは発生していたとしても、全額を無事に取り戻せるケースばかりではありません。過払いを取り戻すために訴訟を行うとその費用がかかります。ですので、戻ってきたお金を返済に使用したいという気持ちは理解できますが、必ずしも思い通りに解決できるかはわかりません。少しでも理想的だと思える方向に向かいたいですね。

返済が終了でき、さらに手元にお金が戻ってくるとうれしいですね。

弁護士に依頼すれば過払い請求が楽になる

過払い請求を自分で行うとなれば、専門の知識がなければ行うことが困難です。自分で行うとなると、債権者との交渉を自ら行わなければならなかったり、家族に借金をしていたことが知られてしまったりと、多くのデメリットが生じます。また、弁護士などの専門家ではないため、返還金が不当に下げられる可能性もあります。

そうならないためにも、弁護士に相談して法律の観点から、債権者との交渉を行ってもらうことにより、正当な金額が返還されるでしょう。返済が終えてしまった人の中には、過払い請求の期日が迫っている場合もあるので注意しましょう。

過払い請求には期限があります

過払い請求は、返済が終わってから必ず10年以内に行います。期限が過ぎると請求できなくなります。また、業者が倒産しても請求できません。貸金業者と取引があった期間が長ければ長い程、還ってくる金額は高額になります。個人で貸金業者に申し入れるのが不安であれば、弁護士に相談するのがおすすめです。

過払い金は、借入の上限の金利を定めた法律の利息で計算し直して、借金がゼロになってからも払い続けていたお金です。法律の上では返す必要がないお金なので、貸金業者に返してくれるように請求する事を、過払い金の請求といいます。

時効を迎えた過払い請求を大阪の弁護士に相談

時効を迎えたしまった場合、過払い金を返してもらえなくなります。過払い金の時効は10年とされていて、弁護士もそのことをしっかり話しているのです。しかし過ぎてしまった場合の相談が多くなっていて、今からでも過払い請求ができないか検討されているのです。

当然できないことを要求されている形になりますので、弁護士は断ってきます。10年を過ぎている場合は、どのような形であれ取り戻すのはかなり難しいとされています。ただ要求に応じてくれる会社もあるようなので、相談していくことで大きな改修が期待できる場合もあります。

多重債務の人が過払い請求をするメリット

多重債務を抱えていた人が過払い請求をするメリットは一体どのような所にあるのでしょうか?もし借金の返済が終わっていたとしてもお金が戻ってくることに超したことがありません。お金はなくて困りますがあって困るものではありません。

また多重債務を抱えていたような人は特に戻ってくる金額も大きいです。200万円借りていたような人は利子なども合わせるととてつもない金額を返済しており、その中の何パーセントかは戻ってくる可能性があるのです。当然費用も時間もそれなりにかかりますので、そこまでして請求をするべきなのかどうかをまずは専門家に判断してもらいませんか?

過払い請求関連

過払い請求

債務整理

自己破産

借金相談

弁護士

ページトップへ戻る